メールマガジン

★GIC メールマガジン★Vol.6

GICからミャンマーとフィリピンのローカルビジネスニュースをお送りします。
※このニュースメールは、ご登録頂いた方、お問合せを頂いた方、展示会に名刺交換頂いた方、セミナーにご参加頂いた方やスタッフと交流させて頂いた大切な方々へ配信しております。

◆目 次

  • ミャンマー駐在員記事
  • フィリピン駐在員記事

☆ミャンマー駐在員記事☆

雨季もそろそろ終了にち近づいているような気配は感じますが
まだまだ雨が降り続くMyanmarより近々のTopicsをお届けいたします。

Topics1

8月7日、新政権発足後初めて安倍首相とアウン・サン・スー・チー国家顧問が会談を行い
貧困削減や農村開発などの分野に対し、新たに1,250億円の円借款供与が決定されました、
安倍首相が『ODAのみならず、民間企業による投資が非常に重要。
日本は、官民の緊密な連携のもと民間投資を大いに促進したい』と言われてましたが、
本当に???、具体的にどの様に政府間でお話し、考えをさられているかを知りたいものです。

Topics2

ヤンゴン市内の繁華街、ラタ、ランマドー、バベーダン、
チャウダダーの4つの郡区で道路や歩道上で営業している屋台や露店を
禁止する命令がヤンゴン市開発委員会(YCDC)発令されました。
ポスター形式で50か所に掲示されたそうです。
私自身お腹を気にしてあまり屋台や露店を活用していない為、
大した問題ではありませんが、商いにして生活されている方は
かなりのダメージになるかと思われます。
でもなくならないんだろうなぁ~!

Topics3

国勢調査により、宗教別の人口比率が発表されました。
仏教:89.8%、キリスト教:6.3%、イスラム教:2.3%、
ヒンズー教:0.5%、ナット信仰:0.8%、その他:0.2%、
信仰する宗教なし:0.1%。
圧倒的に仏教ですね、日本と違い、仏教に対する信仰が本当に厚い国です。
私もBuddhistではありますが、まったくもってお恥ずかしい限りです。
お金儲けしようとするお坊さんなんていませんしね!

Topics4

国営のミャンマー・ナショナル航空から、
雨季明け(10月)の観光シーズンからチャーター便により
日本、韓国、インドへの直行便を就航すると発表がありました。
同社は2014年12月に組織を全面的に改編、国際線への乗り入れを開始し、
バンコク、シンガポール、香港への直行便を就航しています。
所有する機材はボーイング737-800NG:3機、エンブラエル190:2機、ATR:5機、
セスナ・キャラバン:4機、ビーチクラフト:2機の合計16機
ANAしか直行便が無かった為、駐在員としては非常に嬉しいですね!
サービスや料金はどうだろうか?早く知りたいところです。

赴任して9ヶ月を過ぎましたが、まだまだ新たな発見もあれば、
だんだん飽きが来ることもあり、複雑な心境の駐在員より。

GICMyanmar Co.,Ltd.
小田 勝広

☆フィリピン駐在員記事☆

■フィリピンの天気
2016年9月23日、本日の最高気温31℃
ここセブを含めフィリピン国内では人気の高い今回のドュテルテ大統領大統領ですが、
連日話題に事欠きません。
アメリカのオバマ大統領にむけて「son of a bitch」と言って首脳会談がキャンセルになったのは日本の皆様もご存知かと思います。

その次には、
英語だとインパクトが強すぎたのか?、今度はフィリピン語(タガログで)「Tarantado」タランタドゥと国連事務総長に対して発言しました。
Tarantadoは関西弁の「アホちゃうか?」より強めの言葉です、友達同士では笑って済ましますがあまり仲良くない場合喧嘩になるそうです。

麻薬ブローカー等を国内で約3,000人銃殺していますが、海外の政治家がこれに対して発言すると彼は怒るようです。
こちらのテレビなどで、10月下旬にドュテルテ大統領は日本を訪問する予定だそうです。
ある意味、どんな暴言を吐いてくれるか大変楽しみです。

最近は貿易ではアメリカなどより中国を重視すると発言していました、また国内の雇用創出にコールセンター等向けの厳しい法律を整備するとも発言しています。
今後フィリピン政府は何処に向かっているのか、見守って行きたいと思います。

このような時こそフィリピンのビジネスチャンスは沢山あります、
我こそはと言う日本企業様、お問い合わせ等々心よりお待ちいたしております。

GIC Philippine Co.,Ltd.
中村 秀一

Global Innovation Consulting Inc.

Global Innovation Consulting Inc.

〒130-0021
東京都墨田区緑 1-21-10
BR両国2ビル 2F

E-mail : marketing@gicjp.com

お客様窓口はこちら

TEL :   03-5600-8880
FAX :   03-5669-0955

Corporate Site - This is a contributing Drupal Theme
Design by WeebPal.