メールマガジン

★GIC メールマガジン★Vol.1

GICからミャンマーのローカルビジネスニュースをお送りします。
※このニュースメールは、ご登録頂いた方、お問合せを頂いた方、展示会に名刺交換頂いた方、セミナーにご参加頂いた方やスタッフと交流させて頂いた大切な方々へ配信しております。

◆目 次

  • ミャンマー駐在員記事
  • フィリピン駐在員記事

☆ミャンマー駐在員記事☆

最高気温38~39℃ これからますます暑くなり『夏本番』となります。
体感は絶対に40℃超えている、『本当に厚い!!』
Myanmar Beerがますます美味しくなる時期になります。
Myanmar BreweryをKIRINが買収した事もあり、
徐々に日本でもお目見えしてくるのではないでしょうか?
非常においしいBeerですので是非日本でお見かけた際はお試しを!

さて、2016年3月15日に新大統領もアウン・サン・スー・チー氏の側近である
ティン・チョー氏(NLD)に確定し、4月からの新体制に期待がかかっています。
650票中の360票を獲得(55.3%)
前途多難だとは言われているが、国民の希望の為、是非頑張ってもらいたいものです。
また、日緬友好におけるイベントが増えてきている。
最近では、

  • Japan Myanmar festivalには平原綾香さん
  • Myanmar国際チャリティープロレス大会には親善大使として蝶野正洋さん
  • レオパレス21MyanmarOpenには全選手会長である池田勇太さん

  • など著名人まで来緬し、イベントを盛り上げているのが良く分かる。
    これもNLD効果なのか?
    確かに日系企業進出が増え、スポンサー企業の獲得も容易になって来たのだろうか?
    日本人駐在員としては非常にありがたい事です。
    もっともっと増えて欲しいです。
    まだまだビジネスチャンスは沢山あります、我こそはと言う日本企業様
    イベント企画期待しています。
    話はもとに戻りますが、まだ日程は確定していないそうですが、
    MyanmarBrewery(KIRIN)がMyanmarにてKIRIN一番搾りを販売するとの事です。
    ひとつ楽しみが増えました。
    以上、夏を乗り切る為 Beer無くしていられない駐在員より
    GICMyanmar Co.,Ltd.
    小田 勝広

    ☆フィリピン駐在員記事☆

    ■フィリピンの天気
    2016年3月23日、本日の最高気温31℃ 太陽の下に出るとたいへん熱く感じます、
    少しでも日陰に入ることが出来れば、今日はカラッとしていますので一息つけます。
    これから5月に向かって、どんどん熱い時期になります。
    今年は年初にフィリピンと日本の国交正常化60周年で国賓として天皇皇后両陛下が1月26日より1月30日まで54年ぶりにフィリピンを公式訪問されるなど、日比両国がかつてない友好な状態になっていると思います。
    さて、年率7%前後の経済成長を続けるフィリピン。
    一方で国民の4人に1人は貧困にあえぐ状況が続いています、
    今年5月に行われるフィリピン大統領選挙の最大の争点は経済政策や貧困対策それに南シナ海問題をめぐって中国とどう向き合うかが課題です。
    こちらでは、日々選挙ムードが高まってきています。
    フィリピン大統領選挙の有力候補者のひとりであるグレース・ポー上院議員(47)は、昨年12月にフィリピン在住期間が規定にたりないことを理由に出馬資格を取り消されていましたが、
    3月8日にフィリピンの最高裁判所は同氏の出馬資格を認定しました。これによって、

  • 貧困層から熱い支持を得る グレース・ポー上院議員 女性
  • 現職の福大統領 ジェジョマル・ビナイ候補 男性
  • 資産家でエリートのマヌエル・ロハス候補 男性

  • フィリピン大統領選は三つどもえの大混戦の模様です。
    6年に一度の大統領選挙、この選挙を境にフィリピンでは各役所のリーダーが大きく入れ変わります。
    各種許認可にも影響を与え、申請等々のタイミングに配慮が必要な場合があります。
    選挙の行われる5月には様々な申請等の役所仕事にこれまで以上に待ち時間が増えることが予想されます。
    この混沌とした状況の中にチャンスありと、様々な業種が進出を検討しているのが今の状況です。
    私たちGlobal Innovation Consulting Philippines Inc.でも、5月には事務所を移転しオフィスの拡張を行い、インキュベーションオフィスの機能もささやかながら備える計画を行っております。
    今フィリピンのビジネスチャンスは沢山あります、我こそはと言う日本企業様、お問い合わせ等々心よりお待ちいたしております。以上、

    GIC Philippine Co.,Ltd.
    中村 秀一

    ★GICミャンマー現地経営者が語るミャンマーでの会社経営全般セミナー★

    さて、このたび弊社主催の「ミャンマー駐在経験者から学ぶミャンマー生活」に関する講演会を下記により開催いたしますので、ご案内申し上げます。
    ご多忙中とは存じますが、お繰り合わせの上ご出席くださいますようお願い申し上げます。

    【セミナー内容】

    • ミャンマー現地経営者が語るミャンマーでの会社経営全般(事例紹介)
    • ミャンマー駐在経験者から学ぶミャンマー生活
    開催日 2016年05月20日(金)15時から
    開催場所 和泉橋区民館4F洋室B(https://www.city.chiyoda.lg.jp/shisetsu/kuyakusho/011.html)
    【アクセス】JR秋葉原駅昭和通り口から徒歩2分
                 都営新宿線岩本町駅から徒歩3分
                 東京メトロ日比谷線秋葉原駅から徒歩1分
    参加費 無料

    【お問い合わせ.申し込み先】

    海外戦略事業部  担当 : ティンタジン
    メール : marketing@gicjp.com
    電話番号 : 03-6240-9408「平日:9時~18時」

    第5回ミャンマー就職フェア@ヤンゴン/マンダレー

    グローバル化が進む日本のIT業界。IT人材不足と言われる日本。 日本語習得能力が高く、日本人に似た国民性を持ち、コスト競争力が高いミャンマーIT人材の採用にご興味はありませんか? ミャンマーヤンゴン市に日系IT企業が集まり、合同で2017年度2月にIT専門の大学院、大学を卒業見込み、既卒で新しい仕事のチャンスを求める30歳以下の応募者を対象にして就職説明会を行います。今回で5回目となる本フェアでは 毎回、多くのIT専門の大学生が英語/日本語の能力を生かし日系IT企業に入社して自分の能力を試したい学生や、グローバルで活躍したい学生が参加しています。 この機会に、日本で、現地で、活躍できる優秀なミャンマー人材を探してみませんか? これまでの開催平均では、ミャンマー人IT技術者500名以上の参加があり、採用した人材は日本に招聘し日本国内でバイリンガルITエンジニアして従事してもらうことも可能です。日本語を理解する学生も多く参加します。採用した後現地で弊社のミャンマー拠点にてITや日本語教育を代行し、IT スキ ルのアップと日本語検定を取得の上、来日する事も可能です。
    是非、この機会に優秀なミャンマー大学生の新卒、既卒の採用をお勧め致します。

    開催日 2016年10月01日(土)@ Mandalay
    場所 Mandalay
    参加学生&既卒 500名以上(予定)
    参加予定日系IT企業 15社場所

    開催日 2016年10月02日(日)@ Yangon
    場所 Yangon
    参加学生&既卒 500名以上(予定)
    参加予定日系IT企業 15社

    詳細以下のメールにてお問い合わせください。
    お問い合わせ:marketing@gicjp.com

    Global Innovation Consulting Inc.

    Global Innovation Consulting Inc.

    〒130-0021
    東京都墨田区緑 1-21-10
    BR両国2ビル 2F

    E-mail : marketing@gicjp.com

    お客様窓口はこちら

    TEL :   03-5600-8880
    FAX :   03-5669-0955

    Corporate Site - This is a contributing Drupal Theme
    Design by WeebPal.